Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
フェイスブック
Mayumi Yamada

バナーを作成
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
成功者の末路


中国 春秋五覇といえば

斉の桓公が真っ先に思い浮かびます。





天才 管仲の戦略に従って

治世を行い、人々から尊敬されていた人物です。





その名は天まで届くくらいの勢いがあり

欲しいものは何でも手に入ったことでしょう。





そして

亡くなる時は

愛姫や家臣たち、一族の人たちから

見守られ惜しまれながら

この世を去った・・・・





のではありません。





なんと

一人ぼっちでこの世を去ったのです。





近づけてはいけないと管仲の遺言があったのに

斉の桓公は、佞臣たちを重く用いてしまいました。





そして

佞臣たちは謀反を起こし

斉の桓公を幽閉し、食を断たせました。

斉の桓公は、餓死しました。





暗い中、空腹で

誰とも会えず

誰とも連絡がとれず

死にゆく斉の桓公の目には

何が見えたのでしょう。





あれだけの覇業を行った人物の末路は

あまりに哀れでさみしいではありませんか。





斉の桓公は

現代で言えば

大成功した人物です。





大成功した人物の末路は

現代に生きる私たちに

何を教えてくれているんでしょうか。


posted by: mayudon | 生き方 | 15:05 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
キャサリンさん「みんなでよくなる」というキーワードを大切になさってるんですね♪
コメントありがとうございます。

| mayu | 2009/05/24 8:23 PM |
グーフィさん

グーフィさんは吉野ヶ里によく行かれるんですね♪
その当時の足跡を感じるようになんて素敵ですね(*^_^*)

超有名な人でも死ぬ間際では訪問客が少ない人もいるんですね。どうしてでしょう?

人の本当の真価がわかるのは、亡くなってからだと思うんですよ。生き様があらわれているようにも思えます。
グーフィさんいつもコメントありがとうございます。
| mayu | 2009/05/24 8:19 PM |
恨み・つらみをかっちゃったかな。
自分だけが上手く行く人は 限界が来ると聞きますね。
「みんなで良くなる。」
最近、私のマイブーム・キーワードです。
| キャサリン | 2009/05/16 2:38 PM |
中国の歴史には私はうといですが、興味はあります。だからこうして書き込みされるのを楽しみにしているのも私なんです。私はよく近くの吉野ヶ里公園に出かけ、その当時の足跡を見るかのように感じながら見て廻ります。歴史は繰り返される・・・と言いますが、どんなものでしょう?あの歌手の三橋美智也さんなんて、全盛時代は超有名でしたが、最後の死ぬ際では訪問者が少なかったと言われています。どうしてなんでしょうかね?
|  グーフィ | 2009/05/14 5:04 PM |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック